① マッサージ

指圧を中心とした経絡的なマッサージを学びます。

体の各部位に効く刺激あるマッサージ法で、マッサージにおける細かい手法である『軽擦法』・『手根圧法』・『指圧法』などを織り込んであります。

マッサージをすることで筋肉を刺激し、血管を拡張させ疲労物質を押し流し、目的の筋肉の緊張緩和を図ります。

たかがマッサージと侮ってはいけません。上級者になれば、マッサージを介して気のやり取りもできるようになります。

そして、マッサージは手技の中では一番危険度が少なくかつ患者さんに受け入れられる手技なのです。

N&C

② カイロ矯正

ディバーシファイドテクニックと言われるアメリカ発祥の手技を主としたカイロ矯正を学びます。

体のズレや関節の不具合を、アジャストと呼ばれるテクニックで調整するものです。

矯正によって骨格の歪みを修正し、筋肉に余分な負担がかからないように導きます。

矯正は関節に動きを加えることになりますので、それによって深部知覚神経を刺激することができ、関節の可動域を拡げることができます。

 

よく一般的に言われているボキボキと鳴らす矯正をイメージして頂いて結構ですが、実際には事前に骨盤や背骨の歪みをしっかりと確認してから行うものです。

受講時には、骨盤の前後のねじれや左右の脚の長さの差、背骨の偏位を確認する方法をお教えします。

非常に効果が高く即効性のある手技ですが、危険度も高いのでしっかり学んでください。

adjust_pelvis2_R

③ 関節モビリゼーション・ストレッチ

関節の動きを改善させるためのテクニックおよび全身的な筋肉のストレッチ法を学びます。

 

関節モビリゼーションとは、関節を他動的に動かしてやることによってその関節の癒着を剥がし、体を動かしやすくする手技です。

主に肩関節や股関節などに用いられますが、全身的に応用できる手技でもあります。

ストレッチに関する勉強は、主に腰痛や肩こりに関与する筋肉がメインとなりますが、痛めやすい膝や足関節に関するストッレチも勉強します。

目的の筋肉を伸ばすストレッチ体勢を、スムーズに指導できるようにならないといけません。

最近のスポーツブームによりストレッチの有用性を理解する人々が増えましたので、ぜひともしっかりとマスターしていただきたいものです。

mobilization2_R

④ 包帯法

基本的に包帯は関節を強く固定するために用いられます。

主に捻挫に対する処置として使われますが、捻挫ではないが関節の動揺性が見受けられる場合でも用いられます。

そのためには、しっかりとした巻き方を理解して習得しておかねばなりません。

『環行帯』・『麦穂帯』・『ヒールロック』など色々な包帯の巻き方があるので、たくさんマスターしてください。

bandage_R

⑤ テーピング法

キネシオテープ及びホワイトテープを用いた関節固定です。

近年、スポーツ障害などで幅広く用いられるようになりまして、スポーツの現場では当たり前の存在となっています。

治療院においても、腰痛や膝関節の疼痛緩和によく用いられます。

 

キネシオテープと呼ばれる伸縮性のあるテープを用いる場合と、ホワイトテープと呼ばれる伸縮性のないテープを用いる場合があり、用途によって使い分けられます。

当校では両者とも巻き方をお教えしております。

ホワイトテーピング

ホワイトテーピング

キネシオテーピング

キネシオテーピング

 

 

 

⑥ AKA法

障害を起こした関節を優しく動かし、正常な状態に回復させる手技です。

関節には本来ある程度の遊びや滑りが必要なのですが、思わぬ外的要因によって、関節の遊びが消失した状態に陥ってしまう場合があります。そのようなときに再び遊びを取り戻してやる手技が『AKA』なのです。

患者さんに無理をさせずに、目的の関節に『離開』・『圧迫』・『滑り』の動きをさせます。

うまくできると、ギックリ腰も一発で治せるようになります。

aka2_R

 

 

⑦ 全身調整法

カイロ矯正はピンポイント的な矯正ですが、それを全身的に見て矯正を行える視野を持つ講義です。

体の重心ラインを確認し、ラインから外れている箇所を確認し、矯正を行います。

 

また、ブロックと呼ばれる矯正器具を使用して歪みを矯正するSOTテクニックもお教えします。

ブロックを用いたSOT法

ブロックを用いたSOT法

 

⑧ マーケティング学

独立開業はもちろん勤務するにあたってもマーケティングの知識がないと結果が出せません。

いい治療だけではやっていけないのが、この業界です。

有効な広告の出し方や院内での患者さんへのアプローチ法など、売上げを伸ばす方法を学び、成功への道を歩んでいただきます。

⑨ 経理・税務学

独立開業するなら経理税務の知識は当然必要ですし、勤務者の場合でも事業所全体の為に知識は必要です。

経理・税務の難しい箇所を理解する必要はありません。あくまでも経理や税金の基本的な仕組みを理解できれば充分です。

⑩ 患者対応法

整体師としてやっていくには、実技はもちろんですが接遇も同じように大切です。

実は経営者のほとんどが、実技よりも患者対応がしっかりできる人材を求めています。

いかに患者対応が重要視されているかの表れですね。

そして、この業界がいかに接遇に関して未熟であるかの表れでもあります。

患者対応は身につきにくく、また指導しにくいものなのです。

 

患者さんに施術に入っている時に、患者さんが楽しい会話ができていますか?

また、ちゃんと患者さんから話を聞き出せていますか?

頂き物のお礼は、ちゃんと伝えられていますか?

 

当校では、患者さんをグッと引き付ける施術者として当たり前の対応をお教えしております。

患者対応法