各技術の習得度

福岡の整体学校であるサンテインターナショナル整体カレッジ校長の鶴田です。

骨盤07

今回は学校相談会にいらっしゃる方によく聞かれる、

どれくらいで技術が習得できるか?

です。

 

個人差はありますが、だいたいマッサージが一通りスムーズにできるようになるまで、約半年です。
腰や脚などは、皆スムーズに覚えるのですが、首と肩甲骨周辺がなかなか習得しにくいようですね。

矯正ができるようになるのも、おおよそ半年です。
矯正に関しては、やはり若い人が吸収が早いです。
40歳を過ぎると、体得するのに時間がかかる傾向にあります。

ここで強調しておきたいことは、ここで話している習得レベルはある程度できるというレベルです。
世間一般では、まあ普通か普通よりちょっと下くらいの感じでしょうね。

治療院で患者さんに上手と言ってもらうには、やはり1年からのコースをお勧めしております。

 

いざ治療となると、経験がものをいいます。

学校を卒業しても、スキルアップに励む日々ですよ!

 

 

鶴田

SISC鶴田

ランキングに参加しておりますので、クリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

 

 

 

首のマッサージ

こんにちは。
福岡にある整体学校、サンテインターナショナル整体カレッジ校長の鶴田です。

今回は首のマッサージについてお話しましょう。

頚部04

サンテインターナショナル整体カレッジの首のマッサージは仰向けで行います。

これがなかなか難しいらしく、生徒の大半がここで躓きます。

指を返すようにして弧を描いてマッサージを行うのですが、難しいようです。

 

マッサージをうつぶせで行う治療院もたくさんありますが、やはり首を詳しく診ようと思うと仰向けが一番になります。

細かい筋肉の硬直などは、うつぶせの体勢からでは探れません。

首の骨の間を指で拡げようとするといった手技も仰向けでないとできません。

そのような訳で、サンテインターナショナル整体カレッジでは首のマッサージは困難な仰向けタイプを指導しております。

生徒の皆さん、頑張ってくださいね!

 

鶴田

SISC鶴田

ランキングに参加しておりますので、クリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

 

授業カリキュラム

こんにちは。
サンテインターナショナル整体カレッジ校長の鶴田です。

 

今日は、授業カリキュラムについてお話しましょう。

最近、パンフレットからでは授業がどのように進められているか分かりにくいとの指摘がありましたので、とりあえずこのブログにて補足説明をさせていただきます。

 

土曜コースは土曜にしか講義がないので簡単だと思いますが、分かりにくいのは平日コースについてだと思います。

まずは、下の講義予定表(H26年9月分)を見てください。

講義予定表H26年9月

これを見れば、いつどんな授業が行われているかがわかると思います。

そして、自分が選択したコースによってどの科目が何単位必要かを確認してもらって、それに合わせて授業を選択していくような形になります。

各個人の単位表が学校に保管されていますから、それを見ながら検討してください。

私に相談してくださってもOKです。

平日コースの人は、週に2回授業を受けていれば卒業時までに必要な単位が取得できるはずです。

 

授業の曜日は、基本的に好きな曜日・時間帯を選択してもらってOKにしたいのですが(例えば、火・金など)、現状では面談の上で曜日を決定しております。

まだまだ弱小のサンテインターナショナル整体カレッジなので、生徒数が足りないとお互いマッサージや矯正の練習ができないからです。

生徒数が増えて、大学のように気楽に受けたい授業を受けられるようにするのが、現在の私の目標です。

 

以上でお分かりいただけたでしょうか?
学校説明会でも詳しくお話ししますし、電話やメールで問い合わせてもらっても構いません。

皆様のご質問や御入校を心待ちにしております。

 

 

鶴田

SISC鶴田

ランキングに参加しておりますので、クリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

 

 

 

整体師の1日 2 の添削

 

サンテインターナショナル整体カレッジ校長の鶴田です。

前回書いたブログ『整体師の1日 2 』のどこが悪いか添削してみましょう。

添削することによって、患者さんや企業から求められる人材というのが解るか思います。

ちょっとだけ赤ペン先生にジョブチェンジです!

赤ペン先生

AM8:00過ぎ 起床
やばい。寝過ぎた。
ばたばたと仕度をするが、間に合わない。
髪のセットは諦めて、髭も剃るのは諦めよう。
院長に注意されるだろうけど、仕方ない。

寝過ごすのは論外ですし、髪のセットや髭剃りは社会人として最低限の身だしなみです。
学生気分の整体師は結構いますが、大抵腐っていきます。
院長に怒られて仕方ないと思っているのは、要は院長を舐めている事になります。
この文章だけで、企業からすれば『いらない!』と言われてしまうことが分かりますね。

 

AM8:40 整体院に到着
もうすでに院長が来ている。当然のごとく怒られた。
なるべく早く準備をするが、若干手抜きだ。細かいところは明日しっかりやればいいや。

明日ではなく、昼休みか夜にやりなさい。
自分の遅刻で掃除が満足に出来なかったのなら、昼休みを使ってやり遂げようという気持ちはないのかな。

AM9:00 開院
スタートしたけど、患者さんがまだ来ない。
うちは午前中は暇なタイプの院だと思っているが、暇すぎるのも考え物だ。
院長から拭き掃除を命じられるが、めんどくさい。
そうこうしているうちに、やっと今日初めての患者さんが来た。
口煩い婆さんだ。院長に任せよう。

暇なら、院長に『チラシを作ってポスティングに行きましょうか!』とか『院前で声掛けをしてきます!』とか考えなさい。販促活動もスタッフの仕事です。
仕事を命じられて、めんどくさいと思っているようでは伸びません。嫌々な態度が表に滲み出ますし、患者さんがその姿を見ても幻滅するだけです。
わざわざ来てくれた患者さんに『口煩い婆さん』とは何を考えているのでしょうね。
数多くの整体院からわざわざその院を選んで来てくれた患者さんに、感謝の気持ちはないのか!と言いたい。
また、苦手な患者さんに敢えて自分からぶつかっていこうという気概はないのか?

PM1:00 午前の施術が終了
お腹が空いた。お金がないからカップラーメンだ。
給料もっと上げてくれねーかなー。
飯を食べたら、昼寝。

カップラーメンなどのインスタント食品は、常食にしてはいけません。
いずれ体を壊します。私たち整体師は体が資本なのだから、健康には気をつけないと。
お給料はちゃんとその院が儲かれば上がります。売上げに貢献していますか?
昼寝もいいけど、遅刻の失敗はリカバリーしましたか?また、午後の患者さんを迎え入れる準備はOKですか?
PM3:00 午後の部開始
午後はそこそこに患者さんが来る。
俺も施術に入ったりするが、患者さんとあまり会話はしない。
『この前、氷川きよしのコンサートに行ったんだよ。』と言われたが、『そうなんですか』と返事するだけで精一杯だ。

患者さんとコミュニケーションが取れない整体師は役立たずです。
コミュニケーションが取れなくて、患者さんの辛さをどう理解し癒すのですか?
たわいもない会話でも患者さんはリラックスしますし、また打ち解けることで信頼してくれます。
せっかく患者さんから話を振ってくれたのに、『そうなんですか』だけじゃ話になりません。
『場所はどちらで?』とか『カッコよかったですか?』のように、話を膨らませなくては会話になりませんよ。
患者さんからも『ツマラナイ(魅力がない)先生』と思われてしまいます。

 

PM9:00 閉院
やっと終わった。
ミーティングがあるが、飲みに行きたいので、早く終わって欲しい。
明日は休みだから、遅くまで飲むぞ!

問題点や改善点を話し合うミーティングなのに、参加しない態度はスタッフとしての自覚に欠けていると思われます。
また、問題点などを話せないスタッフも考え物です。問題点が発見できないので、話すことができないのですから。常時、院の質の向上の為に、改善箇所はないかとアンテナを張り巡らしましょう。
飲みに行くのも否定はしませんが、やるべきことをやって行ってほしいものです。
この整体師には『メチルアルコールでも飲んでろ。』と言いたくなります。

 

毒を吐いている訳ではありません。
大方、ほとんどの院の院長先生が思うだろうという事を書いています。
生徒の皆さんは、こうならないように頑張ってください!

 

鶴田

SISC鶴田

ランキングに参加しておりますので、クリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

 

 

整体師の1日 2

サンテインターナショナル整体カレッジ校長の鶴田です。

今回はまた別の整体師の一日を見てみましょう。

汚い部屋
※写真はイメージです。

AM8:00過ぎ 起床
やばい。寝過ぎた。
ばたばたと仕度をするが、間に合わない。
髪のセットは諦めて、髭も剃るのは諦めよう。
院長に注意されるだろうけど、仕方ない。

AM8:40 整体院に到着
もうすでに院長が来ている。当然のごとく怒られた。
なるべく早く準備をするが、若干手抜きだ。細かいところは明日しっかりやればいいや。

AM9:00 開院
スタートしたけど、患者さんがまだ来ない。
うちは午前中は暇なタイプの院だと思っているが、暇すぎるのも考え物だ。
院長から拭き掃除を命じられるが、めんどくさい。
そうこうしているうちに、やっと今日初めての患者さんが来た。
口煩い婆さんだ。院長に任せよう。

PM1:00 午前の施術が終了
お腹が空いた。お金がないからカップラーメンだ。
給料もっと上げてくれねーかなー。
飯を食べたら、昼寝。

PM3:00 午後の部開始
午後はそこそこに患者さんが来る。
俺も施術に入ったりするが、患者さんとあまり会話はしない。
『この前、氷川きよしのコンサートに行ったんだよ。』と言われたが、『そうなんですか』と返事するだけで精一杯だ。

PM9:00 閉院
やっと終わった。
ミーティングがあるが、飲みに行きたいので、早く終わって欲しい。

明日は休みだから、遅くまで飲むぞ!

 

 

書いててイライラしてきました。
こんな整体師になったら、終わりですね。
そうならないように、生徒にはしっかり話します!

 

鶴田

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

 

 

 

 

 

 

 

整体師の一日

サンテインターナショナル整体カレッジ校長の鶴田です。

今日は、整体師の一日がどんな感じかをご説明しましょう。

ハードボイルド

AM7:00 起床
爽やかな目覚めと共に、今日一日の仕事のイメージトレーニングを行う。
朝のコーフィーの苦味が頭をスッキリさせてくれることに感謝する。

AM8:30 整体院に到着
9:00からの開院なので、少なくとも30分前には現場に到着。
院内の準備や外の掃除・水打ちを行い、清清しい気分で朝一の患者さんをお迎えする。

AM9:00 開院
開院を外で待っていてくれた患者さんを、中に招き入れる。
基本的には朝一番の患者さんは常連さんだが、時折新患のお連れ様がいるので要注意だ。
気を抜く事無く身体に新しい異常がないかを確認し、施術をこなしていく。
午前中に多い年配の患者さんは、俺の人生の先生だ。長年生きてきたことに裏づけされる含蓄に富んだ話をしてくれる。

PM1:00 午前の施術が修了
午前の部が終わり、近所の洋食屋にランチを食べに行く。もちろんここのマスターは院の患者さんだ。
午後の施術のエネルギーを蓄える為に、ヒレカツセットを注文。厚さ2cmの分厚いカツだ。カリッとした衣がまた一段と食を進ませる。
食事が終わったら院に戻り、午後に来ると思われる患者さんの容態を頭に浮かべる。勿論この時はコーフィーを片手にだ。この時間の為に、院にはコーフィーセットを置いている。

PM15:00 午後の部開始
午後の診察が始まる。
午後は午前と比べて、患者の平均年齢が下がる。強めの施術に耐えられる患者が増えるので、矯正比率が格段に高くなる。
頚椎・腰椎のアジャストを次々と行い、患者を治癒に導いていく。
そんな中訪れてくれたのが、巨漢のKさんだ。
『先生~。やっと来れたよ。もうボロボロ。』
そんな言葉を発しながら、ベッドに横たわるKさん。
久々に体の様子を診ると、非常によろしくない。背部の筋は硬直しているし、脊椎のサブラクセーションも至る所で発生している。
まずは固まった筋肉を抉りこむようにほぐしていく。Kさんは揉み返しは起こりにくいので、遠慮はいらない。
一通りほぐし終わったら、次はアジャストだ。
C4・Th3・Th8・Th10~12・L1~5と、ローリングやチェスター・膝打ちで次々と撃っていく。しっかりと骨が動くように、力をしっかり込める。
施術が終わった後、そこにはKさんの満足しきった顔があった。
『やっぱり先生じゃないとダメだね~。出張先のお店じゃ全然効かない。』
そんな台詞を置き土産で置いていってくれた。

PM9:00 閉院
本日の施術は修了。
取りこぼしがなかったか頭の中で確認し、他のチームメイトとミーティングを行う。
その後、チームメイトと外で夕食を摂り、整体談義に花を咲かせる。

PM11:00 帰宅
風呂に入り、その後ニュースをチェックする。患者さんと幅広く会話する為には、ニュースくらいは見ておかないといけない。
明日は休みだが、駅前のホテルで開催される施術療法講習会に行く予定だ。
新しい技術を身に付けたら更にどのくらい治療の幅が拡がるのかを、想像してみる。
楽しみでなかなか寝付けないが、明日の為に早く寝ないとな…。

 

 

かなり嘘くさいが、こんな感じです。
次のブログは、別バージョンで書いてみます。

 

鶴田

SISC鶴田

 

 

ホワイトボード

サンテインターナショナル整体カレッジ校長の鶴田です。

 

当校は座学は主にホワイトボードを使用して授業を進めます。

私がペラペラしゃべりながら板書していくのですが、まあ毎回字の拙さに涙が出ます(笑)

生徒たちは熱心にノートに書き写していくので、なるべくきれいに書こうと意識をするのですが、
この情報も書きたい、あの治療法も書きたいなどとやっていると、どんどんグチャグチャになっていってしまいます。

基本的には作成した講師用のレジュメを使って板書していくので、きれいにまとまるはずなのですが、なかなかそうはいきません。

アドリブでどんどん書き足していきます。

 

けど、アドリブで書き足したことも重要なんです。

私は授業が終わると、ホワイトボードの写真を撮って後で見返すことが出来るようにしております。

見返しながら、講師用のテキストを更新していくわけです。

ホワイトボード

こんな感じでちゃんと記録していっています。

 

ブログを読んでくださった方が当校の生徒になった暁には、生でホワイトボードを見ることができます。

その時はだいぶん内容も私の書き方も、グレードアップしているかもしれませんよ。

 

鶴田

SISC鶴田

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

マーケティング:立地

サンテインターナショナル整体カレッジ校長の鶴田です。

 

整体院の繁盛の秘訣は何だと思いますか?

 

腕? 接遇? 立地?

 

身も蓋もなく言えば、全部です。

全ての要素が絡み合って、繁盛院が出来上がります。
どれ一つ欠けても、なかなか上手くいきません。

勿論、例外的な繁盛店はあります。
例を挙げると、
①立地は路地裏で最悪だけど、口コミで大繁盛!
②腕は全く大したことないのに、なぜかいつも患者さんが多い。

①は、例外中の例外です。
ずば抜けた治療の腕があればそうなる可能性は高いですが、下手に参考にすると人生が歪みます。

②は駅前やショッピングモールの中にある整体院で、たまに見かけるケースですね。
これは腕が『大したことない』というのがミソで、決して『下手くそ』ではないというのがポイントです。

 

繁盛院の要素はいくつかありますが、実は、どれかが致命的に悪くない限り他の要素でカバーが効くのです。

いくつか例を挙げます。

A.腕に自信があまりないので、接遇を頑張り、楽しい時間を提供する。
B.無愛想なので接遇は悪いけど、来院してくれた患者さんは必死で治す。
C.一本入った路地の3階の整体院だけど、隠れ家的癒しの空間で結構繁盛。

上記3つはどれもたまにあるケースです。

そこで皆さんにクイズですが、A~Cの中で一番苦労するのはどれでしょう?

 

 

チクタク チクタク…….

 

 

はい。答えは『C』です。

なぜかというと、新患さんを獲得するのが『C』が一番難しいからです。

どれだけ腕があって接遇が上手でも、院のコマーシャルができていないとそれを発揮する場所が出現しないのです。

立地がそこそこなら実際に見て院の存在を知った新患さんが来ますが、立地が悪いと院の存在を知ってもらう手段がチラシやネットになってしまいます。
チラシはポスティングしても反響はあまり高くないし、ネットは最初は検索にも引っかかりません。

狭い道

生徒の皆さん、自分で開業するときは、とにかく立地を重視しましょう!

家賃が安いからという理由で、一本入った所の物件を選んで後悔している整体師はたくさんいます。

『立地が悪くても、腕が良ければ口コミでそのうち繁盛するさ』

なんて考えはやめましょう。
あなたの腕の良さは思い込みかもしれませんし、最初の資金難は筆舌に尽くしがたいですよ。

 

最後になりますが、私はチラシやネットの効果は重要視しています。
しかし、チラシは実在店舗の視認効果には遠く及ばないですし、ネットは広告効果がでるまでに時間がかかるシロモノです。
立地は最重視してください。

 

鶴田

SISC鶴田

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

 

 

 

 

原因説明

サンテインターナショナル整体カレッジ校長の鶴田です。

雨がいまだにシトシト振り、カラッと晴れない日々が続きます。

こんな時は原因が説明しにくい痛みを抱えた患者さんがいらっしゃるのですが、
実はこの時は新米の整体師が一番緊張するときなのです。

 

問診

 

なぜなら、整体業の中でなかなかの難易度を誇るのが、

症状の原因説明

だからです。

 

マッサージ・矯正・テーピングなどは、上手い下手は多少ありますが、ある程度技術を習得するのはそんなに難しくありません。一年くらい学べば、そこそこマッサージや矯正はできます。
ところが、原因説明は自分の知識と思考回路と経験をフル回転させる必要があるので豊富な知識と経験が要求され、どうしても新米には荷が重いのです。

 

例えば『昨日から膝が痛い』という患者さんが来院した場合、

・熱感や圧痛の有無
・正確な場所の確認
・大腿四頭筋や膝窩筋の緊張の有無
・骨盤の歪みや短下肢などの確認

などを検査確認して、半月板の損傷はないな、膝蓋骨のアライメント異状もなし、急性的な炎症もなし……
じゃあ、膝関節面の亜急性の炎症だ!

といった感じで消去法で原因を確定させる場合が多いですが、
知識や経験が少ないと他に見落としが多いのではないかと不安になり、確定ができません。そして口数が少なくなり歯切れが悪くなるので、患者さんに不信感を抱かせてしまいます。

 

じゃあ、どうしたらいいのかと生徒に聞かれそうですが、王道を進むしかありません。
知識と経験をしっかりと身につけましょう。
そして、体の歪みと筋肉の緊張により発生する痛みのメカニズムを理解しましょう。

 

サンテインターナショナル整体カレッジでは、問診法をしっかりと教えております。
付属院で経験を積むことも可能です。
少しでも生徒の手助けができるように、スタッフ一同頑張ります!

 

 

鶴田

SISC鶴田

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

 

 

 

 

 

夏の終わり

こんにちは。

サンテインターナショナル整体カレッジ校長の鶴田です。

47d1955c4eed284ece46fba63f98af41_400

お盆も終わり、残暑の時期ですが、この時期になると体調を崩す人が多くなります。

今は夏なので残暑と書きましたが、だいたい季節の変わり目になると体調を崩す人が増えますよね。

 

一般的には、

①昼と夜で気温差が激しいので、体温調節がしにくくなり、体調不良に陥る。

②湿度や日差しの強さが変化しだすので、その変化による自律神経の不調。

以上の事が原因と言われています。

 

実は上記のことは、西洋医学的なアプローチです。

東洋医学的なアプローチは下記になります。

 

①もともと人間には5種類(木・火・土・金・水)の属性があり、それぞれ体質みたいな特徴がある。

②季節が変わるということは、その環境の属性が変わるということ。

③環境の属性が変化すると、自分自身の属性が弱められる場合がある(もちろん強くなる場合もある)。

④それによって体調不良を起こす。

 

西洋医学も東洋医学も同じ症状を説明しているのですが、まったく説明の仕方が違います。

どちらが正しいという訳ではありませんが、
西洋医学は自律神経の不調の一言だけで済ましてしまう傾向にあります。
原因が説明しにくい体調不良は、東洋医学の方が得意とするでしょうね。

 

整体は西洋と東洋の融合治療的な側面もあります。

サンテインターナショナル整体カレッジでは、両方共に学んでいただきますよ。

 

 

鶴田

SISC鶴田

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ