原因説明

サンテインターナショナル整体カレッジ校長の鶴田です。

雨がいまだにシトシト振り、カラッと晴れない日々が続きます。

こんな時は原因が説明しにくい痛みを抱えた患者さんがいらっしゃるのですが、
実はこの時は新米の整体師が一番緊張するときなのです。

 

問診

 

なぜなら、整体業の中でなかなかの難易度を誇るのが、

症状の原因説明

だからです。

 

マッサージ・矯正・テーピングなどは、上手い下手は多少ありますが、ある程度技術を習得するのはそんなに難しくありません。一年くらい学べば、そこそこマッサージや矯正はできます。
ところが、原因説明は自分の知識と思考回路と経験をフル回転させる必要があるので豊富な知識と経験が要求され、どうしても新米には荷が重いのです。

 

例えば『昨日から膝が痛い』という患者さんが来院した場合、

・熱感や圧痛の有無
・正確な場所の確認
・大腿四頭筋や膝窩筋の緊張の有無
・骨盤の歪みや短下肢などの確認

などを検査確認して、半月板の損傷はないな、膝蓋骨のアライメント異状もなし、急性的な炎症もなし……
じゃあ、膝関節面の亜急性の炎症だ!

といった感じで消去法で原因を確定させる場合が多いですが、
知識や経験が少ないと他に見落としが多いのではないかと不安になり、確定ができません。そして口数が少なくなり歯切れが悪くなるので、患者さんに不信感を抱かせてしまいます。

 

じゃあ、どうしたらいいのかと生徒に聞かれそうですが、王道を進むしかありません。
知識と経験をしっかりと身につけましょう。
そして、体の歪みと筋肉の緊張により発生する痛みのメカニズムを理解しましょう。

 

サンテインターナショナル整体カレッジでは、問診法をしっかりと教えております。
付属院で経験を積むことも可能です。
少しでも生徒の手助けができるように、スタッフ一同頑張ります!

 

 

鶴田

SISC鶴田

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

 

 

 

 

 

夏の終わり

こんにちは。

サンテインターナショナル整体カレッジ校長の鶴田です。

47d1955c4eed284ece46fba63f98af41_400

お盆も終わり、残暑の時期ですが、この時期になると体調を崩す人が多くなります。

今は夏なので残暑と書きましたが、だいたい季節の変わり目になると体調を崩す人が増えますよね。

 

一般的には、

①昼と夜で気温差が激しいので、体温調節がしにくくなり、体調不良に陥る。

②湿度や日差しの強さが変化しだすので、その変化による自律神経の不調。

以上の事が原因と言われています。

 

実は上記のことは、西洋医学的なアプローチです。

東洋医学的なアプローチは下記になります。

 

①もともと人間には5種類(木・火・土・金・水)の属性があり、それぞれ体質みたいな特徴がある。

②季節が変わるということは、その環境の属性が変わるということ。

③環境の属性が変化すると、自分自身の属性が弱められる場合がある(もちろん強くなる場合もある)。

④それによって体調不良を起こす。

 

西洋医学も東洋医学も同じ症状を説明しているのですが、まったく説明の仕方が違います。

どちらが正しいという訳ではありませんが、
西洋医学は自律神経の不調の一言だけで済ましてしまう傾向にあります。
原因が説明しにくい体調不良は、東洋医学の方が得意とするでしょうね。

 

整体は西洋と東洋の融合治療的な側面もあります。

サンテインターナショナル整体カレッジでは、両方共に学んでいただきますよ。

 

 

鶴田

SISC鶴田

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

 

 

包帯巻き

サンテインターナショナル整体カレッジ校長の鶴田です。

今日は『包帯巻き』について、ちょっとお話してみましょう。

 

実は、包帯はあまり出番は多くないかもしれません。

整体院で一番多い疾患である肩こりや腰椎は、包帯を巻く必要がないからです。

しかし、足首・手首・膝関節の痛みとなると、俄然包帯の有効性が高まってきます。

 

捻挫時の関節固定に綿包帯が使われるのはもちろんですが、
慢性疾患に分類される関節の動揺性(ぐらつき)による痛みにも、包帯は力を発揮します。

固定力の強い綿包帯でガッチリ固定すると、関節周辺の筋腱がその形に合わせて変形していきます。

それによって、関節の痛みが消失していくのです。

 

SISCでは、包帯は主に下記の部位を練習します。

手関節

手麦穂帯7

足関節

足麦穂帯5

膝関節

膝環行帯2

などの部位を学びます。

また、麦穂帯・亀甲帯・ヒールロック・環行帯など、様々な巻き方をお教えします。

 

 

包帯は普段の出番が少ないため、現役の臨床家でも上手く巻けない人が多いです。

サンテインターナショナル整体カレッジでしっかり学んでください。

 

鶴田

SISC鶴田

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

 

骨盤の検査

サンテインターナショナル整体カレッジ校長の鶴田です。

明日からお盆休みに我が校も入りますが、ブログは頑張って書くつもりです。

 

さて、サンテインターナショナル整体カレッジではカイロ矯正を教えています。

矯正の中で一番中心的に存在するのが、

骨盤矯正

です。

 

世間一般にも骨盤が人間を支えるのに重要であるという認識が結構広まっているようで、
よく患者さんからも『骨盤が歪んでいるような気がするので、チェックしてください!』と言われたものです。

言われると、ハイとすぐに検査する私。

骨盤の検査は、下の写真のようにやります。

20140802185355142

上後腸骨棘(PSIS)と呼ばれる場所の左右のレベルを確認して、歪みを判断します。

もちろん、それ以外のチェック箇所があるのですが、ここでは簡単に一番メジャーな箇所を紹介しております。

左右のズレが生じていると、PSISが低い側の脚が短くなるというメカニズムがあります。

 

 

えっ!そのメカニズムを教えて欲しいですって?

いいですよ。サンテインターナショナル整体カレッジに入校してくれたら。

私がこんな感じの、ちょっとぎこちない笑顔でお教えします。

20140718185901830

 

鶴田

SISC鶴田

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

 

 

未来の生徒さんからの資料請求

サンテインターナショナル整体カレッジ校長の鶴田です。

夏も真っ盛り!こうやってブログを書いている時でも、背後からクマゼミの声が聞こえてきます。
九州で1番を争うビジネス街にいるはずなのですが、セミはしっかり鳴いています。

 

今週末で、資料請求の問い合わせが、2件も入りました。

非常に嬉しいです。

数ある整体学校の中で当校に興味を持っていただいて、わざわざ資料請求をしてくれているのですから。

郵送する資料を作る私の手にも、力が入るってものです!

 

皆さん!遠慮なく資料請求をしてください!

話を聞きたければ、いつでもメールやお電話を。
勿論、学校説明会でもお待ちしております。

 

20140811111412944

上の写真が、サンテインターナショナル整体カレッジが資料請求を受けた時にお送りする3点セットです。

一番左が、コース内容やサンテインターナショナル整体カレッジの方針、授業料などを詳しく書いた、私鶴田がヒーヒー言いながらワードで作ったパンフレット。

真ん中が、資料請求をしてくださった未来の生徒さんに送る挨拶状。

一番右が、三つ折の簡易パンフレットです。

 

現在、見栄えのする立派なパンフレット(ブローシャー)を鋭意作成中です。

カッコよく出来ましたら、またブログでご紹介しますね。

 

鶴田

SISC鶴田

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

 

反復練習

総院長の鶴田です。

サンテインターナショナル整体カレッジでは、実技と座学と臨床がありますが、実際にはもう一つあります。

それは『自ら練習してもらう』です。

 

マッサージや矯正は、自分の体で覚えなくてはなりません。

学校では、一通りやり方を覚えたら、次は生徒間での練習を繰り広げます。

そして、私が口や手で指導を挟んでいきます。

それ以外にも自宅で家族や友人にマッサージをさせてもらって、練習している生徒もいます。

とにかく技術を身に付けるということは、導入が終わったら『反復練習』しかありません。

そうやって皆上達していきます。

 

サンテインターナショナル整体カレッジは比較的実技の多い学校ですが、それも反復練習を視野に入れてのカリキュラムなのです。

整体師の仕事は、いわば職人仕事です。

練習などの日々の積み重ねを疎かにしては、成功はありえませんよ。

20140809144608612

こんな可愛らしい手をした女の人でも、反復練習を頑張っています!

皆さんも頑張ってください!

 

 

SISC鶴田

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

テーピング

総院長の鶴田です。

日々暑くなってきましたが、皆さんお元気ですか?

整体師は患者さんに元気を与える仕事です。 術者がへばっていてはダメですよ!

さて、今日のテーマはテーピングです。
テーピングには、2種類あります。 キネシオテープとホワイトテープです。

20140808123928810

左がキネシオテープで、右がホワイトテープです。

キネシオは伸縮性があり、ホワイトはありません。

それぞれ目的に応じて使い分けます。

 

貼り方の一例↓

20140808123928740

胸鎖乳突筋を保護する時のテーピングです。
胸毛は無視してやってください。

 

テーピングは、

『どこをどうしたいか?』

が一番重要なキーワードになります。

正しい答えが導き出せないと、正しいテーピングが出来ません。

テーピングをキチンと学んで、バリバリスポーツ選手にテーピングをしてみませんか。

そんなあなたをサンテインターナショナル整体カレッジはお待ちしております。

 

SISC鶴田

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

 

 

タイ古式マッサージ提携校

こんにちは。
サンテインターナショナル整体カレッジの校長の鶴田です。

今日はタイ古式マッサージ提携校である『TTCスパスクール』についてお話します。

 

TTCは、タイ王国の北の都であるチェンマイと、首都であるバンコクに学校があります。
チェンマイ校が本校ですが、交通の便や融通性などを考慮してバンコクの方を紹介しております。

バンコク校はカオサンと呼ばれるバックパッカーの聖地にあります。
参考URL:http://www.bangkoknavi.com/miru/197/

非常に賑やかな街で、色々な物が売っており、物価も安い!

20140801173528718

上の写真は飲食店の中から道路に向かって撮った写真ですが、オープンテラスがステキです。

 

TTCはカオサンの『RAMBUTTI VILLAGE』と呼ばれる、お店と住居の集合物件の中にあります。

 

20140801173529163
まずは通りから中に入ります。

20140801173529848
20140801173530375
RAMBUTTI VILLAGE はこんなテラスのある洒落た物件です。

20140801173530065
紳士服仕立て屋さんとタトゥーショップの間を入ります。
上にTTCの『MASSAGE SCHOOL』の看板があります。

20140801173528428
中に入ると目の前にあるのが、TCCカオサン校!

20140801173529399

20140801173529514
中はこんな感じ!

20140801173529630
歴代の卒業生の写真が、壁一面に貼ってあります。

20140801173529747
お昼はみんなで屋台に行くときも。

 

20140801173530599
左がドュアン先生で、右がアリサ先生。真ん中はワ・タ・シ。
厳しくも優しく美しい先生が、しっかりと教えてくださいます。
言葉は多少の日本語と多少の英語でコミュニケーションが取れます。
先生も英語は勿論ボチボチ日本語も話せますし、他の生徒が通訳してくれる事も多いです。
サンテインターナショナル整体カレッジが提携するタイマッサージ校TTCはこんな所です!

卒業旅行でタイに行って、1日講習で本場タイ古式に触れるのもよし!
卒業後、本格的に1~2週間くらい学びにいくもよし!リンパマッサージ・オイルマッサージも学べます!

私もタイ古式の導入部分の説明くらいはできますので、興味のある生徒さんは声をかけてください。

 

SISC鶴田

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

 

 

 

理学療法士

皆さん、こんにちは。
サンテインターナショナル整体カレッジ校長の鶴田です。

当校は、実践的で効果(エビデンス)の高い治療法をお教えしております。

それ故かは分かりませんが、最近理学療法士の先生が、生徒として来校しました。

『慢性疾患の治療の為に、治療テクニックを学びたい!』との事です。

adjust_pelvis_R

理学療法士の先生の方が治療テクニックを持っていそうですが、実際の慢性疾患の治療は整体師の方が得意だそうです。

ちょっと意外な事を聞いた気分ですよね。

 

理学療法士の先生も来校するサンテインターナショナル整体カレッジです!

随時入校OKです!

 

SISC鶴田

 

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

 

整体師のお仕事 ~技術と接遇~

皆さん、こんにちは。
サンテインターナショナル整体カレッジの校長の鶴田です。

梅雨入りし、毎日雨がザーザー降っております。
雨の日は患者さんが少なくなるのが一般的な整体院ですが、そこを何とか工夫するのがデキル整体師です!
その何とかを知りたい方は、サンテインターナショナル整体カレッジに入校してはいかがでしょうか?(笑)

 

膝打ち

 

さて、サンテインターナショナル整体カレッジでは、

『技術』『接遇』

の両輪で整体業をしていくことを説いています。

技術があっても、患者さんに気を配れない人はダメ。
いくら口で面白いことを言っても、技術がからきしだとダメ。

やはり、歌って踊れる楽しく話しもできて腕もいい先生になってもらわないと困ります。

人と向き合う仕事ですので、人付き合いがダメではやっていけません

 

『整体の仕事がしたいけど、話が苦手…。』
そんな迷える子羊ちゃんも、私に相談してください。

今はベラベラ口が回るようになった私ですが、若かりし頃は口下手でした。

トークの上手な友達や先輩をお手本にして、ここまでやってきました。

ぜひ私の軽口トークの真似でもしていただいて、習得してください。

 

最後になりますが、更に一言。

が治療にもおしゃべりにも入っているのが重要ですよ!』

 

サンテインターナショナル整体カレッジ

鶴田

SISC鶴田

 

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村